日本映画

外国映画

最近観た映画6本『野いちご』『リトルウィッチアカデミア』ほか

最近観た映画6本 『目撃』クリント・イーストウッド:監督&主演 傑作。脚本がいい。 語らずに、見せています。 俳優陣もジーン・ハックマン、 E.G.マーシャルなど、すごい顔ぶれ。 クリント・イーストウッドは泥棒役なが...
外国映画

『ロスト・イン・トランスレーション』『オール・ザ・キングスメン』など短評

最近観た映画7本 『オール・ザ・キングスメン』ロバート・ロッセン:監督 実直で、面白みのないスピーチしかできない主人公があるとき突然目覚め、州民の支持を集め始めます。 このときのスピーチが圧巻! でも考えてみ...
マンガ

2019年2月の映画鑑賞&読書記録『パディントン』「かくしごと」他

2019年2月の映画鑑賞&読書記録 「映画の見方がわかる本」町山智浩・著 ハッピーエンドが信条のハリウッドがハリウッドらしくなかった70年代にスポットを当てた本。 『ロッキー』や『ダーティハリー』も最初のうちはアウトローだ...
男はつらいよ

『男はつらいよ』が嫌い – というエントリの気持ち分かります。

先日、はてなで見かけたエントリです。 私もどちらかというと、あの手の人は苦手です。 まあそういうやっかいな男だから、映画にすると面白いのかも知れません。 ではいったい『男はつらいよ』のどこが面白いのかというと、毎回...
日本映画

白雪に咲くやこの花紅い花。映画『修羅雪姫』(1973・日本)

1月11日はマンガ家・上村一夫先生の命日です。 (かみむら かずお、1940年3月7日 - 1986年1月11日) 2020年の今年で生誕80年、 亡くなられてから、34年ということになります。 氏の数ある代表作のうちの一つ、 ...
男はつらいよ

寅さんカタギを目指す『男はつらいよ 望郷篇』05作目(1970)

マドンナ = 長山藍子 ゲスト = 杉山とく子、井川比佐志 シリーズ中、出色の出来です。 第3作、4作は別の人が監督でした。 5作目となる本作品で 久々に山田洋次監督の手にメガホンが戻ります。 2作も監督をさせてもらえなかった屈辱を...
日本映画

モノクロームの美、岸田今日子の曲線。映画『砂の女』(1964)

安部公房氏の原作を読むかぎりでは、主人公の女性はどちらかというと醜女で、ちょっと人生に疲れているような感じがあります。だからこそ「穴」に落ちた男は何とかしてそこから逃げたいと思うわけですが、底で待ちかまえているのが、若さと美貌が爆発している岸田今日子さんですから、いくつかのことに目をつぶりさえすれば、こんな生活も悪くない、と考える男の人は少なくないでしょうね。
男はつらいよ

吉永小百合とクローバーの王冠。宮口精二、剣からペンへ。『男はつらいよ 柴又慕情』09作目(1972)

マドンナは吉永小百合さん。 父親役に宮口精二さん。 前作の志村喬さんに続き『七人の侍』のうちの一人が登場です。 宮口さんは着物姿こそ『七人~』と同じですが、 武器が剣からペンへと変わり、今回は孤高の小説家を演じています。 「両方の映...
男はつらいよ

さよなら、ありがとう森川信さん。『男はつらいよ 寅次郎恋歌』08作目(1971)

マドンナ=池内淳子,ゲスト=吉田義夫、岡本茉莉、志村喬。本作は喜劇俳優・森川信さんの最後の『寅さん』出演となりました。(もりかわしん1912年2月14日-1972年3月26日)映像の中ではとても元気そうに見えるので、本当に信じられない思いです。山田洋次監督を始め、「とらや」の皆さんはさぞかし無念だったことでしょう。
男はつらいよ

山田洋次監督が語る「森川信」4つのエピソード。『男はつらいよ』番外編。

山田洋次「例えば、亡くなってしまいましたが、最初のころは森川信さんがおいちゃんの役でした。寅さんが美女に恋をしてつまずいたり、転んだり、ぽっと上気してへんな言葉を口走ったりなんかするのを見ていたおいちゃんがふかぶかとため息をついて、『バカだねえ』っていうんですよ。森川さんが『バカだねえ』っていうと、もう観客がワァーと待ってたように大笑いする。これもぼくは台本に書いてないセリフです。『ため息をつく』くらいに書いたんです。それを森川さんが『バカだねえ』っていったらものすごくおかしかったんです。
男はつらいよ

『男はつらいよ 奮闘篇』07作目(1971) 北の国から田中邦衛がやってきた。

マドンナ=榊原るみ,ゲスト=ミヤコ蝶々,田中邦衛,五代目柳家小さん。小さん師匠は、のちに人間国宝となられました。今回の“マドンナ”榊原るみは、寅さん流に表現すると「ちょっと頭の薄い」女の子を演じています。寅さんはこの子に惚れて、真剣に結婚を考えます。
日本映画

映画『有りがたうさん』(1936・日本) 静かに息づく大傑作。

11月7日は名優上原謙の誕生日です。 (うえはら けん、1909年11月7日 - 1991年11月23日) 2020年は生誕111年目にあたります。 ということで、代表作 『有りがたうさん』を観ていきましょう。 原作は川端...
男はつらいよ

渥美清と森繁久彌の貴重なコラボ。『男はつらいよ 純情篇』06作目(1971)

マドンナ = 若尾文子 ゲスト = 森繁久彌 今回一番爆笑させられたのは次の場面でした。 ※ いきなりネタバレあります! 病気の若尾文子の往診にやってきた松村達雄を見て おいちゃん、大丈夫かね。 どうも何だかたよりね...
男はつらいよ

『新・男はつらいよ』04作目(1970)財津一郎の居直りドロ。森川信の婦系図。

マドンナ = 栗原小巻 ゲスト = 財津一郎、三島雅夫 シリーズ全48作のうち、第3、第4作だけが 山田洋次監督作品ではありません。 第4作『新・男はつらいよ』は 小林俊一監督がメガホンをとりました。 2020年から数えると50年前...
男はつらいよ

山田洋次版にない荒々しさ『男はつらいよ フーテンの寅』03作目(1970)

マドンナ = 新珠三千代 ゲスト = 香山美子、河原崎建三 監督は森崎東。 山田洋次版『男はつらいよ』をたてつづけに観たあとに、 本作を観ると、けっこう違和感を覚えます。 まずは茶の間のフォーメーション。 昔のホームドラマがそうで...
タイトルとURLをコピーしました