『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』27作目(1981・日本)ネタバレ感想。松坂慶子の輝き。

マドンナ = 松坂慶子

ゲスト = 芦屋雁之助

松坂慶子の魅力が炸裂しまくっている。
女性として一番輝いていた時期だろう。
何よりもその演技力に驚かされた。

芸者をやってもよし、「とらや」を切り盛りしてもよし、派手な着物も、シンプルなブラウスも似合っている。
これだけの様々な面を持つキャラを、一本の映画の中で違和感なく共存させられる女優はそうはいないだろう。

今作から満男役が吉岡秀隆に替わった。
その理由について、山田洋次監督が言及している部分を、対談集から引用する。

さくらの子だけはやむをえず一度交替したんです。
あまり大きくなりすぎちゃってね。
大人より成長率が速いから。

『男はつらいよ』シリーズを観て、「とらや」ファミリーは金に綺麗だなあという印象を持っている人は多いのではないか。

対談集の中に、山田監督の父君のエピソードが出てくるのだが、これが「この父にしてこの子あり」と得心が行くものだった。
なぜ山田洋次監督作品は清冽な空気感に包まれているのか、その秘密の一端を垣間見たような気がする。

ついでと言ってはなんだが、こちらも引用させていただく。

城山三郎
「清らかな心と言えば、山田さんのお父様は技術者でいらしたけれども、満州から日本に戻ってきてから市役所にお勤めになった。そのとき、盆暮れに付け届けが送られてくると全部きちっと送り返したそうですね、あの戦後の物のない時代に」

山田洋次
「毎日イモの蔓なんか食べてた時代です。おコメなんかめったに口に入らない。食べたい盛りの中学一、二年でしょう。朝から晩まで腹すかせてますから、難しい顔して菓子や果物の入った小包の荷造りをして宛て名を書いているのを見ると、ほんとにクソ真面目なつまらない親父だと思ってね(笑)。しかし、そんなものもらっちゃえばいいじゃないかというようなことは口に出して言っちゃいけない、それはわかっていたんでしょうね」

城山
「それこそ父親の姿ですね」

山田
「そういうことでしょうね。あの融通のきかなさの中に、親父の生き方のポリシーみたいなものを、子供なりに受け取っているんだと思います」

あと、本作のシナリオの一部が、
文化放送「新・みんなの寅さん」公式ブログ内で紹介されている。

ファンの方には「なにを今さら」情報だとは思うが、私にはレアだった。
映画を未見の方にも雰囲気の一端でも伝わればと願いつつ、転載させていただく。
松坂慶子、初登場のシーンです。

ある島・港近くの町・海辺の墓地

眺めのよい墓地の片隅で、寅が昼飯のアンパンを食べている。
眠ったように静かな海を、ゆっくり漁船が行く。
輪を描きながら空を行くトンビ。
墓場のはずれに、線香と水桶を持った女が現れる。
ふと、その姿に眼をやる寅。
墓の一隅にある真新しい墓標の前に来て、
しおれた花や供物を片づけはじめる女。
ひきつめた髪、平凡な服装—-
だがしかし、どこか素人ではない雰囲気を漂わせた、美しい女である。

「新・みんなの寅さん」より転載

あらすじ(ネタバレあり)

瀬戸内海の小さな港のそばで、地元の主婦たち相手にバイをする寅さん(渥美清)。

一息ついたところに墓参りの女性・ふみ(松坂慶子)が通りかかり、これも何かの縁と、ふみの祖母の墓に線香を上げる。

ところは変わり、大阪石切劔箭(つるぎや)神社の縁日で、芸者姿のふみと寅さんがバッタリ。

仲良くなった二人は絵馬を奉納。
ふみの絵馬には、弟が幸せになるようにとの願いが書かれていた。

幼い頃に別れてから、もう20年近く会っていないというふみに、今すぐにでも会いに行くべきだと、寅さんは熱烈に説得する。

ふみは意を決して弟の仕事先に会いに行くが、弟は病気で亡くなっていた。

ふみは号泣しながらも、弟が誰からも愛されるような人間だったことを聞かされ、安堵するのだった。

その夜、寅さんが泊まっている安ホテルにふみがやってきた。

(ここで松坂慶子が披露する『星影のワルツ』が絶品!)

寅さんに膝枕されて泣きじゃくるふみ。
彼女が寝静まった頃、寅さんは部屋を出て行く。

翌朝、寅さんが部屋に戻ると、書き置きが残されていた。

「うちがこの部屋に泊まるのが迷惑だったら、タクシーで帰ったのに。
これからどうして生きていくか、一人で考えていきます」

ふみは、寅さんに振られたと自覚して、ひとり帰って行ったのだ。
寅さんも大阪を引き払い、東京に戻った。

後日、ふみが「とらや」を訪ねてきた。
あまりの美貌に、となりの工場の従業員たちも、塀によじ登りのぞき込むほどだ。

芸者から足を洗ったというふみ。
実はふみは結婚の報告に来たのだった。
相手は板前(斉藤洋介)で、長崎県の対馬で寿司店を開くのだという。

「大事なことは人生を力強く生きることです。
兄さんみたいな人はそれがないんですよ」
と容赦のない博(前田吟)。

「うん、ないない」
と寅さんも全く元気がない。

今回も恋は実らなかったものの、その後、立ち直った寅さんは、はるばる対馬に出向き、夫婦を激励するのであった。

参考リンク ;

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 – Wikipedia

第27作 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎|寅の巻全作品データベース|『男はつらいよ』|松竹株式会社

男はつらいよ27/浪花の恋の寅次郎/松坂慶子(1981) ☆☆ : 西澤 晋 の 映画日記

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 – アブソリュート・エゴ・レビュー

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 : 松坂慶子が美しすぎる (●ΘдΘ)ポッ: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-

男47才経営コンサルティング会社社長の感動備忘録/有限会社キャタリスト軟式HP:【邦画】「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」(1981)

男はつらいよ~浪花の恋の寅次郎~ RUU-Blog/ウェブリブログ

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (Wikipediaより転載)

スタッフ
監督・原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
音楽:山本直純

キャスト
車寅次郎:渥美清
諏訪さくら:倍賞千恵子
浜田ふみ:松坂慶子
車竜造:下條正巳
車つね:三崎千恵子
諏訪博:前田吟
桂梅太郎:太宰久雄
源公:佐藤蛾次郎
諏訪満男:吉岡秀隆
ふみの夫:斉藤洋介
芸者:正司照江
芸者:正司花江
とらやの客:関敬六
安宿の老人:笑福亭松鶴
吉田:冷泉公裕
信子:マキノ佐代子
川岸のサイクリングの男:津嘉山正種
とらやの客:谷よしの
主任:大村崑
御前様:笠智衆
喜介:芦屋雁之助

<男はつらいよシリーズ - 極私的星取り表>

No.01 ★★★★☆ 男はつらいよ (光本幸子、志村喬、広川太一郎)
No.02 ★★★☆☆ 続・男はつらいよ (佐藤オリエ、東野英治郎、ミヤコ蝶々、山崎努)
No.03 ★★☆☆☆ 男はつらいよ フーテンの寅 (新珠三千代、香山美子、河原崎建三、花沢徳衛)
No.04 ★★☆☆☆ 新・男はつらいよ (栗原小巻、財津一郎、三島雅夫、横内正)
No.05 ★★★★☆ 男はつらいよ 望郷篇 (長山藍子、杉山とく子、井川比佐志、松山省二)
No.06 ★★★☆☆ 男はつらいよ 純情篇 (若尾文子、森繁久彌、宮本信子、垂水悟郎)
No.07 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 奮闘篇 (榊原るみ、ミヤコ蝶々、田中邦衛、柳家小さん)
No.08 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎恋歌 (池内淳子、吉田義夫、岡本茉利、志村喬)
No.09 ★★★★★ 男はつらいよ 柴又慕情 (吉永小百合、宮口精二、佐山俊二)
No.10 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎夢枕 (八千草薫、田中絹代、米倉斉加年)
No.11 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (浅丘ルリ子、織本順吉、毒蝮三太夫)
No.12 ★★★☆☆ 男はつらいよ 私の寅さん (岸惠子、前田武彦、津川雅彦)
No.13 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ (吉永小百合、高田敏江、宮口精二)
No.14 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎子守唄 (十朱幸代、月亭八方、春川ますみ、上條恒彦)
No.15 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎相合い傘 (浅丘ルリ子、船越英二)
No.16 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 葛飾立志篇 (樫山文枝、桜田淳子、米倉斉加年、大滝秀治、小林桂樹)
No.17 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (太地喜和子、宇野重吉、岡田嘉子)
No.18 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 (京マチ子、檀ふみ、浦辺粂子)
No.19 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎と殿様 (真野響子、嵐寛寿郎、三木のり平、平田昭彦)
No.20 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! (藤村志保、中村雅俊、大竹しのぶ)
No.21 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく (木の実ナナ、武田鉄矢、竜雷太)
No.22 ★★★★☆ 男はつらいよ 噂の寅次郎 (大原麗子、室田日出男、泉ピン子、志村喬)
No.23 ★★★★☆ 男はつらいよ 翔んでる寅次郎 (桃井かおり、湯原昌幸、布施明、木暮実千代)
No.24 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎春の夢 (香川京子、ハーブ・エデルマン、林寛子)
No.25 ※※※※※ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 (浅丘ルリ子、江藤潤)
No.26 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 (伊藤蘭、松村達雄、村田雄浩)
No.27 ★★★☆☆ 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 (松坂慶子、芦屋雁之助)
No.28 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紙風船 (音無美紀子、地井武男、岸本加世子、小沢昭一)
No.29 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋 (いしだあゆみ、片岡仁左衛門)
No.30 ★★★☆☆ 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎 (田中裕子、沢田研二、朝丘雪路)
No.31 ★★★☆☆ 男はつらいよ 旅と女と寅次郎 (都はるみ、北林谷栄、中北千枝子、藤岡琢也)
No.32 ★★★★★ 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 (竹下景子、松村達雄、中井貴一、杉田かおる)
No.33 ★★★☆☆ 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 (中原理恵、渡瀬恒彦、佐藤B作、秋野太作)
No.34 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎真実一路 (大原麗子、米倉斉加年、風見章子、津島恵子、辰巳柳太郎)
No.35 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎恋愛塾 (樋口可南子、平田満、初井言榮)
No.36 ★★★★☆ 男はつらいよ 柴又より愛をこめて (栗原小巻、川谷拓三)
No.37 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ 幸福の青い鳥 (志穂美悦子、長渕剛、桜井センリ)
No.38 ★★★★☆ 男はつらいよ 知床慕情 (竹下景子、三船敏郎、淡路恵子)
No.39 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎物語 (秋吉久美子、五月みどり、河内桃子)
No.40 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (三田佳子、三田寛子、尾美としのり、鈴木光枝)
No.41 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 (竹下景子、淡路恵子、柄本明)
No.42 ★☆☆☆☆ 男はつらいよ ぼくの伯父さん (後藤久美子、檀ふみ、夏木マリ、尾藤イサオ)
No.43 ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎の休日 (後藤久美子、夏木マリ、寺尾聰、宮崎美子)
No.44 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の告白 (後藤久美子、吉田日出子、夏木マリ)
No.45 ★★★★★ 男はつらいよ 寅次郎の青春 (後藤久美子、風吹ジュン、永瀬正敏、夏木マリ)
No.46 ★★★☆☆ 男はつらいよ 寅次郎の縁談 (城山美佳子、松坂慶子、島田正吾、光本幸子)
No.47 ★★★★☆ 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 (牧瀬里穂、かたせ梨乃、小林幸子)
No.48 ★★☆☆☆ 男はつらいよ 寅次郎紅の花 (後藤久美子、浅丘ルリ子、夏木マリ、田中邦衛、村山富市、宮川大助・花子)
特別編 [1997.11.22] ★★★★☆ 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 (浅丘ルリ子、江藤潤)
TV版 ★★★☆☆ テレビドラマ版 男はつらいよ
番外編
山田洋次監督が語る「森川信」4つのエピソード。『男はつらいよ』|23notebook
『男はつらいよ』が嫌い – というエントリの気持ち分かります。|23notebook

コメント

タイトルとURLをコピーしました