2018-09

no_category

映画『洋菓子店コアンドル』(2011)|ニガい修行、あまいスイーツ。

『神様のカルテ』、『白夜行』などでも、 その手腕をいかんなく発揮している深川栄洋監督の作品。 今回は、氏が脚本にも参加したオリジナル作品ということで、 観る前から期待はふくらむばかり。 その期待は全く裏切られることがありませんでした。 ...
no_category

映画『アイランド タイムズ』(2006・日本)| 明日、羽ばたくために。

2006年の仲里依紗と深川栄洋監督でなければ なし得なかった奇跡の一本。 深川監督の最高傑作は、私の中では 『洋菓子店コアンドル』でしたが…… うーん、こっちに変えました。 本作品での仲里依紗はずば抜けて可愛いです。 くわえて演技も達者...
no_category

映画『ミッション:8ミニッツ』(2011・アメリカ)|トンデモ考察。

※ 完全ネタバレしてます! 本編をご覧になった方のみ、この先をお読みください。 ナゾだらけの映画です。 あのラストシーンはどういうことだったのか。 それともうひとつ。 スティーブンスとクリスティーナは最後に助かり、 巨大モニュメント...
no_category

映画『ミッション:8ミニッツ』|超絶シチュエーション、そして神展開。

本作は、ストーリーが進むにつれて 真相が徐々に明らかになっていきます。 ですので、ご覧になるのであれば、 前もって情報を仕入れないほど、面白く観られると思います。 では、ほんのさわりだけ紹介。。。 スティーブンス(ジェイク・ジレンホール...
no_category

映画『デーヴ』(1993・アメリカ)|国を愛する、人を愛する。

2時間弱の映画ですが、体感時間は30分くらいでした。 え?もう終わり? という感じ。 脚本がいいです。 この本を読んで出演を断わる役者さんは いないんじゃないでしょうか。 演じ甲斐もありますし。 タイトルがちょっと惜しいかな。 観る前...
no_category

「『奥さまは魔女』よ永遠に」エリザベス・モンゴメリーが選ぶベスト・エピソード

本日、5月18日は、アメリカの大人気TVドラマ『奥さまは魔女』のサマンサ役でおなじみのエリザベス・モンゴメリーが亡くなった日である。 (1995年5月18日 満62歳没 ※ウィキペディアより) 1964年から8年の長きにわたって世界中を魅了し続けたこの番組、総製作話数はなんと254話にのぼる。 50年以上たった今でも、繰り返し放送されているというからすごい。 ちなみにスカパー!でググってみたところ、2015年5月現在、 『ホームドラマチャンネル』にて、第8シーズンが放映中だ。 奥さまは魔女<アメリカ版>8th Season(日本語吹替版)|ホームドラマチャンネル 私が物心ついてから本作を観たのは、恥ずかしながらつい最近のことで、 ディズニーの無料BSチャンネル『ディーライフ』においてだった。 (残念ながら現在は放映されていないもよう…) なにしろ驚かされたのが、そのスピード感! 今どきのテレビドラマにも引けをとらない、というか『奥さまは魔女』のほうが断然テンポがいい。
no_category

『ロミオの青い空』第10話「青空のスケッチブック」Aパート感想。

あらすじ。。。 真夜中、ついにロミオはアンジェレッタと対面することができた。 彼女は神秘的なまでに美しかった。 ロミオはアンジェレッタにせがまれ、生まれ故郷のソノーニョ村の様子を懐かしそうに語り出すのだった。。。 感想。。。 ロミオは見...
no_category

映画『河童のクゥと夏休み』(2007・日本)|永遠の原風景。

あらすじ (完全ネタバレしています) 江戸時代。河童の親子が役人に直訴する。 自分たちの住む龍神沼を埋め立てないでほしいと。 しかし聞き入れられず、お父さん河童(なぎら健壱)は、役人に斬り殺される。 子ども河童(冨沢風斗)もあわや、という...
no_category

スティーヴ・ジョブズのスピーチを20回朗読してみた。

Y軸は時間です。 〇〇:〇〇ってふうにしたかったんですけれど、スキルがなくて……うまくいきませんでした。 初日が20分33秒、 20日目は12分56秒でした。 TOEIC765点です。 英語が使えるレベルとは言えません。 発音もメ...
no_category

映画『大統領の陰謀』(1976・アメリカ)|ニクソンを文字で撃つ。

ロバート・レッドフォードの一人語りコメンタリが熱い。 本編より興奮した。 なんでも彼は、ニクソン大統領が辞任に追い込まれるはるか前から、この事件を暴き出した二人の記者、ウッドワードとバーンスタインに映画化を打診していたそうだ。 時期で言えば...
no_category

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!あっぱれ戦国大合戦』| 命に換えても守りたいもの。

しんのすけ・みさえも活躍するけれど、主役は何といってもひろしだ。 父親として子供にどんな姿を見せてやれるか。 もしもそばにみさえやしんのすけがいなかったら逃げ帰っていただろう。 だが男として、父親としての矜持がそうさせてくれない。 ぶるぶる...
no_category

映画『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』|切り裂きジャックは…お前だ!

シリーズ最高傑作に推す人も多いこの作品。 さっそくあらすじ紹介といきましょう。 (完全ネタバレしています) 弱冠10歳の天才少年ヒロキ・サワダ(折笠愛)は、アメリカのIT企業シンドラー・カンパニーで、人工知能の開発を急がされていた。 あ...
no_category

映画『二十日鼠と人間』(1992)|かなわぬ夢、それでも夢。

原作はジョン・スタインベック。畏れ多すぎて一作も読んでいない。タイトルからして何だか暗そうで……。しかし、観てよかった。次どうなるのかまったく展開が読めず、最後まで緊張感を保っていられた。
no_category

映画『チャイナタウン』(1974)|悪い奴ほどよく食べる。

3回観ても分からない。(笑) あらすじを完全把握するのはいったんあきらめて、いちばん印象に残ったシーンを上げさせてもらうと。。。 (ネタバレあります!) ロサンゼルスを牛耳るノア・クロス(ジョン・ヒューストン) と探偵ギテス(ジャック...
no_category

映画『そして父になる』是枝裕和監督の“子供”撮りのうまさ。

オープニングから引き込まれた。 小学校入試の親子面接だろうか。 福山雅治と尾野真千子に挟まれて座っている利口そうな少年が、面接官から「夏休みはどこに行きましたか?」と訊かれて、「パパとキャンプに行きました」と答える。 ところがこれが真っ赤な嘘。 後で福山が問いただすと、塾で(!)受験対策として教わったのだそうだ。 ハア、時代はすごいところまで来ているんですねえ。 ベンツに高級マンション、勝ち組エリートの福山親子に突然の災難が襲いかかる。 なんと出産時に赤ちゃんを取り違えたと、病院から連絡がきたのだ。 (以下、ネタバレ全開です) では、福山夫妻の実子は今どうしているのか? リリー・フランキーと真木よう子夫妻と楽しく暮らしているようである。 こちらは福山とは対照的な貧乏電気店。 でも「せまいながらも楽しい我が家~♪」 というノリで、映画では終始こちらの家族寄りで描かれていく。 さっそく病院側も交えて話し合いが行なわれる。 ここで是枝監督ならではの秀逸なシーンが炸裂する。 いきなり話し合いに乱入してきたリリー&真木の子供がおもちゃのマシンガンをぶっ放す。 この時の病院サイドの大人たちの反応が面白い。 「しょうがねえなあ、このガキは」 という感じで、イヤイヤ愛想笑いを浮かべながら死んでいくのである。
タイトルとURLをコピーしました