2016-08

no_category

「スーパー編集長のシステム小説術」校條剛・著|才能がなくても小説家になれる。

タイトルに「才能なんていらない!」とある。 300万部近くを売り上げた「国家の品格」の編集者が言い放っているのだから、心強い。 では小説家になるために必要なものは何なのか? お定まりの答えになってしまうが、継続する力だろう。 ヘタな鉄砲も...
no_category

「受験脳の作り方 脳科学で考える効率的学習法」池谷裕司・著|復習のベストタイミングとは。

「高校生の勉強法」出版から10年。最新の脳研究の成果を盛り込んでリニューアルされたのがこの本。発行は2011年12月。 同じ勉強をするのなら、効率の上がる方法でやるのが良いに決まっている。 そう思って購入した。 さすがに池谷氏の本には外れ...
no_category

半七捕物帳 02 石燈籠|半七、19歳、初手柄。

2話目は半七19歳、初手柄の巻。 さっそくあらすじ紹介いきます。 (ネタバレしています!) 老舗の小間物問屋「菊村」の一人娘、お菊の姿が消えた。 お菊と恋仲の若い番頭・清次郎が青い顔をして町中を探し回る。 そこへ声をかけたのがきっけかで...
no_category

半七捕物帳 01 お文の魂|枕元にびしょ濡れの女が。

「半七捕物帳」を称える声を、最近よく耳にする。 名だたる作家の方々が絶賛している。 渡部昇一、宮部みゆき、北村薫、都筑道夫、松本清張、森村誠一、山田風太郎、皆川博子、戸板康二…。 ホントかなあ。お爺さんの昔語りっていう体裁の時代小説がそん...
no_category

ういろう売りの口上文に新たな解釈を加えてみた。

no_category

「女子高生サヤカが学んだ『1万人に1人』の勉強法」美達大和・著|ケイゾクは知力なり。

女子高生が無期懲役囚と手紙をやり取りしていろいろなことを教わるという本。 タイトルに「勉強法」と銘打たれているが、アマゾンでは「倫理学入門」「人生論・教訓」にカテゴライズされていることからお分かりになるように、その内容は多岐にわたっている...
no_category

山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅(別冊太陽)| 山岸凉子の霊眼。

手塚治虫がマンガ界の「神様」、萩尾望都がマンガ界の「母」ならば、山岸凉子はマンガ界の「巫女」だろうか。 伝説の人物・聖徳太子という、あえて難儀なテーマに取り組んだのは、現代にいっそう知らしめることで、太子の積年の恨みを解き放ち、鎮めるため...
no_category

「不屈の棋士」大川慎太郎・著|将棋界は冬の時代なのか。

人類史上最強の棋士、羽生善治が、駒の動かし方もロクに知らない子供の、ケータイを見ながら指す一手に為すすべもなく投了───そんな悪夢のような絵図が現実になろうとしている。 いや、すでにCPUの棋力は人間のそれを追い越している、というプロ棋士...
no_category

「知的生活の方法」渡部昇一・著|ページを繰る興奮は色褪せない。

ときは大坂夏の陣、真田幸村が次々に奇策を考えつく。 それを淀君が片っぱしから却下していく。 …物語がその箇所に来るたび、渡部昇一少年はくやし涙を浮かべながら、ゲンコツで講談本を殴りつけたという。 そこまで熱くなれる昇一少年をうらやましく思う...
no_category

「KISSジーン・シモンズのミー・インク」ジーン・シモンズ・著|鶏の血は飲んでも酒飲むな。

毒々しいメイクの下には、切れ者ビジネスマンの素顔があった。 まさか本書の中でベンジャミン・フランクリンの名にお目にかかれるとは。 メモれ! 酒は飲むな! ドラッグはやるな! カネは使うな! とアニキ口調でビシビシ叱ってくれる感じが読んで...
no_category

『軍神山本元帥と連合艦隊』(1956)|戦争経験者が作った映画。

本日は終戦記念日。 日本が太平洋戦争において敗戦した日ということで、本作を観賞した。 「軍神」という冠が、山本五十六にふさわしいかどうかは疑問だが、「名将」であったことは間違いない。 山本が今もなお尊敬されるのは、以下のような理由によるだ...
no_category

「英語の学び方―あなたの英語力をより高めるために 」渡部昇一、松本道弘・著| 英語という武器を身に付けよう。

対談本。 松本氏が斬り込んでいき、渡部氏が正面から受けて立つといった、気合いが入りまくりの一冊。 もともと松本氏の著作を、渡部氏が新聞紙上で一部批判したことがお二方の交友関係の始まりという。 英語を勉強するのに「気魄」という言葉が飛び出てく...
no_category

映画『ゴースト ニューヨークの幻』(1995)|霊媒師は構想外だった。

言わずと知れた恋愛映画の大傑作。 今回、ブルーレイで見直してみた。 映像が鮮明。ちょっとDVDに戻れないかも。やばい。 監督と脚本家のコメンタリで初めて知ったのだが、シナリオを19回書き直したそうだ。 名作には人知れぬ苦労があるのだなあ。...
no_category

「医師は最善を尽くしているか」アルトゥール・ガワンデ著|一度もエラーをしない人はいない。

これはめちゃくちゃ面白かった。 著者は雑誌「ニューヨーカー」にコラムを書き、かつ現役の医師でもある。 11のエピソードからなり、そのどれもオチが決まっている。ただ者ではない。 また取り上げるトピックスのほとんどが興味深い。 戦争における医...
no_category

「オプティミストはなぜ成功するか」マーティン・セリグマン著|大統領選も予測可能?

あなたはオプティミストかペシミストか、を判定する48の質問が載っている。 これを、なんのテストかは明かさずに、知り合い数人に出してみた。 結果は、驚くほど社会的地位や年収に呼応していた。 もちろんオプティミストのほうが社会的な成功を収めて...
タイトルとURLをコピーしました