2014

no_category

2014年 私的10大ニュース

ヤンキース田中将大、メジャー鮮烈デビュー 勝っているマー君を観るのはもちろん気分がいいけれど、不調の時、ランナーを出しても、点を取られても、決して集中力を切らさず、最後まで試合を投げない姿勢が何よりも素晴らしい。 黒田博樹、メジャーでト...
no_category

野球をやりきる。「決めて断つ」黒田博樹・著

目の前に差し出された21億円に背を向けることのできる男が、この世界に何人いるだろう。 もったいない。でもかっこいい。 うれしい。でも理解に苦しむ。 思わず、以前に買った本を取り出してみる。 少しは理解できたかも。 しかし、じゃあできるか?...
no_category

2014年 買ってよかったもの ベスト10

1.キーボード 東レのリアルフォースにするか悩んだ。 キーの数の少なさに美学を感じてこちらにした。 打鍵音は結構大きい。 2.タイピング用リストレスト これを敷くことにより、手首に角度がつかなくなった。 そのせいかミスタイプが減っ...
no_category

俺は桑田真澄を肯定する。「試練が人を磨く」桑田真澄・著

たまたまYouTubeで桑田真澄氏の野球教室を観る機会があった。 そこでは、わたしが子供時代に教わったものとは正反対の指導が行なわれていた。 「上から叩きつけるように打て」 「相手のミットから決して目を離すな」 「バットのグリップは高い位...
no_category

行列のできる心配力「『心配性』だから世界一になれた」小山進・著

本書も期待どおり、いや期待以上の内容だった。 常に完璧、最高を目指す小山氏の姿勢は、ぜひとも見習いたい。 来年こそはお金を貯めて、世界一のチョコレートを注文するぞ! (以下、引用) ショコラブティックのオープン初日の出来事は今でも忘れら...
no_category

青春アドベンチャー「びりっかすの神さま」号泣!

岡田淳の作品が好きで好きで、すきで。 ラジオを聴きながら、 「そうそう、クラスでビリになった子の負のオーラを食べる妖怪(?)の話だったなあ」 と懐かしく思い出した。 もうすっかりあらすじは忘れていて、 そのぶん新鮮に聴くことができた。 ...
no_category

山口真由式記憶術「東大首席弁護士が教える超速『7回読み』勉強法」

ネットで散見されるのが 「7回読んだけど、全然覚えられない」 という声。 もっともな意見だと思う。 たとえば百人一首の句を7回読んだだけで 全部覚えられたら苦労はしないわけで。 山口さんだって最初から出来たわけではないと思う。 小学生の...
no_category

ジャグリングという奇跡

先日、NHK『ためしてガッテン』で、けん玉、折り紙、お手玉などが脳に良いと紹介していた。 日本人って、むかしから脳に良いことをやっていたんだなあ。 毎年のようにノーベル賞受賞者が誕生することとも関係あるのかも知れない。 ジャグリングでも...
no_category

知らないと損する山口真由「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」

東京大学法学部を首席で卒業するような人って、生まれついての天才なのだろうと思っていた。 見たもの、聞いたものは一度で記憶できるような、いわば神様に祝福された才能を授かった人なのだろうと。 (作家の司馬遼太郎氏がそのような異能の持ち主だっ...
no_category

社会に出る前に知っておくべき「丁寧を武器にする」のこと

店舗販売だけで、1日1600本のロールケーキを売る『パティシエ エスコヤマ』。 素晴らしい。 この人の元で修行できる若者は幸せだ。 いつか食してみたいな、小山ロール! (以下引用) どんな仕事であってもクリ...
no_category

愛する人に贈りたいネット書店。「honto」

no_category

マンガ『あんどーなつ 江戸和菓子職人物語』(西ゆうじ・テリー山本)爽やか!なっちゃん奮戦記。

パティシエを目指していた女の子が、ひょんなことから老舗の和菓子屋でバイトをすることになり……というお話。 「ビッグコミックオリジナル」で2005年から2013年まで連載されていたそうだが、私はその間、恥ずかしながら一度も手に取ることがなか...
no_category

ロック・ギター・ソロ名演奏ベスト10(独断と偏見に満ちてます)

今日、12月8日はジョン・レノンの命日であり、73年前に日本がハワイの真珠湾を攻撃した日でもあるというなかなか大変な日だ。 当ブログは今年はジョン・レノンにかこつけて、極私的ロック・ギター・ソロ名演ベスト10を選出してみた。 まずはボス...
no_category

『宝島(アニメ)』(1987・日本)ジョン・シルバーは不滅です。

もし子供の頃にこのアニメを観ていたら、人生が変わっていたかも知れない。 それほどに、ジョン・シルバーという男は強烈だ。 原作を読んだことがないので風聞でしかないが、スティーブンソンの原作はアニメほど魅力的なキャラクターではないらしい。 事...
no_category

『同胞 (はらから)』(1975・日本)|劇団を支持する意味。

「この村の青年会で演劇を主催してみませんか」 そう持ちかけられて、くわしく話を聞くと65万円かかると言う。 「なんで俺たちが金を出して、お前らを食わせてやらねばならねえんだ?」 この反応は当然である。1975年当時の65万といえば……いや...
タイトルとURLをコピーしました