2011-03

no_category

『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』|リセット思想とお色気シーン。

no_category

映画『アダルト♂スクール』 OLD SCHOOL|愛すべきバカ映画。

冒頭は、さほと盛り上がらず、 これはハズレをつかまされたか?と思いきや、 ウィル・フェレルが全裸で街を走り回るあたりから 面白くなってきて(笑)、結局大満足の一本となりました。 ヒューマンドラマとしても素晴らしいのに ボニー・タイラーの名...
no_category

『サブウェイ123 激突』|デンゼル・ワシントンの卓越した演技力。

『サブウェイ・パニック』の3度目の映画化。 主演デンゼル・ワシントン、 監督トニー・スコット、そして舞台が鉄道と、 2011年の正月に日本公開された 『アンストッパブル』と共通点が多いこの映画。 先に作られたのは『123』のほう。(2009...
no_category

『ハンナ・モンタナ ザ・ムービー』|安心のディズニー・ブランド

TV「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」 第1シーズンはたぶん全部観ています。 ディズニーのドラマはほとんどハズレがなく、 いちど見始めたらなかなかやめられません。 映画の出来は、ファンとしては不満はないですが、 もし「ハン...
no_category

映画『俺たちダンクシューター』 semi-pro|自粛ムードはバカ映画で吹っ飛ばせ!

no_category

『ペレランディア!』 島田満・著|あこがれ、失意、そしてふたたび希望。

2140年代、相次ぐ事故により 宇宙開発時代は終焉を迎えた。その最後の通信は 「惑星を発見。まるでペレランディアの光……」 というもので、一時は話題をさらったが、 時が経つにつれ人々は、パイロットの 幻覚ではないかと片づけるようになった。 ...
no_category

『金田一少年の事件簿 Caseシリーズ』 [コミックス] Case1~7

no_category

『紀雄の部屋』(2003・日本)|男女のあいだに流れる繊細な空気。

「白夜行」で深川栄洋監督を知り 「洋菓子店コアンドル」でますます評価は高まり、 そのいきおいで本作をDVDレンタルしました。 あらすじ。。。プロレスおたくの大学生、紀雄 (高岡蒼甫)は試合会場で綾子(つぐみ)に ひとめぼれ。二人はつきあい始...
no_category

『金田一少年の事件簿』 [コミックス] (21)~(27) 各巻レビュー

さとうふみや先生が女性だったとは知りませんでした。 まずはそこからかよ! まったくどこにトリックが仕掛けられているか 油断も隙もあったもんじゃないですね(笑) ミステリ業界って 「男か女か判らないPNをつけると大成する」 みたいなジンクス...
no_category

『金田一少年の事件簿』 [コミックス] (11)~(20) 各巻レビュー

no_category

『金田一少年の事件簿』 [コミックス] (1)~(10) 各巻レビュー

遅ればせながらハマりまくっています。 こんなに面白いのなら、もっと早くに読んでおくんでした(汗) 犯行の動機が、もの悲しくも美しいものが多くて たっぷり余韻に浸れるところが何ともよいです。 金田一少年の事件簿 (1) 金成陽三郎, さと...
no_category

『わさお』|薬師丸ひろ子からあふれ出る映画に対する思い。

タイトルを『ひろこ』にしてもいいくらいです。 中盤以降は薬師丸ひろ子を観ているだけで 涙がこぼれてきました。 演技が上手いとか、オーラがあるとか、 そういうのとはちょっと違って、 映画に対する思いが画面からあふれ出ている という感じでしょ...
no_category

『悪魔を見た』|あなたの隣の快楽殺人者。

『アイリス THE LAST』でおなじみ、 イ・ビョンホン(李炳憲)主演の 超ハードバイオレンスムービー。 ある雪の日の夜、スヒョン(イ・ビョンホン)の 婚約者ジュヨン(オ・サナ)の車がパンクして、 レッカー待ちのところに「学習塾生送迎車...
no_category

『ツーリスト』|クロマキー多用はかえって逆効果

ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの 夢の競演!ということで行ってきました。 『ナイト&デイ』『レッド』など、最近は 世界各地を飛び回る映画が多いですね。 本作も水の都ベニスを舞台にしています。 これはもちろんCG技術の発達により...
no_category

「麒麟の翼」 東野圭吾・著|加賀恭一郎シリーズ第9弾! 人情刑事”ブラタモリ”派

・加賀シリーズ最高傑作 ・誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 ・ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 「帯には、『加賀シリーズ最高傑作』と 謳っていることだろうと思います。 その看板に偽りなし、と作者からも ひと言添えておきます。...
タイトルとURLをコピーしました