2010-09

no_category

映画 『君に届け』|原作ファンも納得。すみずみまで神経の行き届いた良作。

原作はマーガレットに連載中のマンガ。これがもう手放しで大推薦したい一品。なぜオッサンである私が少女マンガを手にとることになったかを釈明させていただくと映画館で本作の予告編を観たからなのでした。「自分を信じないってことは、アンタを好きだって言ってるアタシらも信じないってことなんだよっ!」
no_category

「少女ファイト①~⑦」日本橋ヨヲコ・著|新感覚!高校女子バレーマンガ

高校女子バレーを題材にした作品。 主人公の大石練(おおいし・ねり)は、小中学生時代、試合になると戦闘的になりすぎ、"狂犬"とあだ名されていた。そのせいで 友達ができなかったことがトラウマとなり、バレーで本気になることがないよう、自らを 戒め...
外国映画

『ライムライト』 世界中のお笑い芸人たちへのオマージュ

チャップリン映画を観るのは、恥ずかしながらこれが初めて。 まずは簡単なあらすじを。。。 昔は人気を博したが、今は見る影も無い老道化師カルベロ(チャールズ・チャップリン)が、下階に住む女性テリー(クレア・ブルーム)のガス自殺に気づ...
マンガ

コミックス「涼宮ハルヒの憂鬱 1~11」ツガノガク・絵 谷川流・著|超弩級学園SFコメディ

涼宮ハルヒに関しては、まったく白紙の状態で映画『涼宮ハルヒの消失』を観てしまったので、理解に至らなかった部分が多数あった。 それでもトンデモ仮説を展開してしまった私はまったくもって恥かきっ子である(誤用)。 今回、コミックス版を...
外国映画

『鉄板スポーツ伝説』 The Comebacks|史上最低コーチ、おバカ街道まっしぐら

バカすぎる。(もちろんホメ言葉です!) 史上最悪のバカコーチが大学のアメフトチームの監督をするという話。 なぜ彼のような人間がコーチとしてやっていけるのかがそもそも疑問なのだが、代々コーチ業という家系なんだからしょうがないのだ。...
no_category

上野鈴本演芸場 9月中席昼の部に行ってきました(2010.9.16)

急に東京出張が決まりまして、時間をやりくりして、何はともあれ上野へ。演目の半分も見られませんでしたが、払ったお金(一般2800円)に見合うだけのものはあったと思います。鈴本演芸場いつも応援ありがとうございます!春風亭百栄 「エコラーメン」「ももえ」だけに(?)ピンクがかった着物で登場。不思議な味わいでした。
マンガ

『のだめカンタービレ』 1~24巻 二ノ宮知子・著|お笑いとクラシック音楽のアンビバレントな魅力

「のだめカンタービレ」というタイトルの漫画があることくらいは知っていたが、食わず嫌いで読んでいなかった。 脳内イメージとしてはNHKのドキュメンタリーで小澤征爾が若き楽聖たちを集めてオーケストラをつくり…というのを何度か観たことがあっ...
no_category

「宿命」東野圭吾・著|初恋の人は、意外な男の妻となっていた

和倉勇作は、小学生の頃からスポーツ万能で 成績も良く、リーダーシップにも溢れていたが、一人だけ何をやっても叶わない同級生がいた。 その少年の名は瓜生晃彦。瓜生は孤独を好み、協調性に欠けるきらいがあったが、それ以外はことごとく勇作より優れてい...
no_category

『北北西に進路を取れ』BGMはディープ・パープル「スピード・キング」

クライマックスの、マウントラッシュモア (アメリカの歴代大統領の巨大彫刻で有名) の追走劇は、高所恐怖症の私は お尻がムズムズし通しだった。 頭の中を流れるのはもちろん ディープ・パープル「スピード・キング」^^;) で、「北北西~」の予告...
タイトルとURLをコピーしました