2010-02

no_category

柳家喬太郎落語集 アナザーサイドVol.3 「ウツセミ~源氏物語「空蝉」より~」「孫帰る」

今回は落語CDの紹介です。 ようやく聴けました! 「ウツセミ ~源氏物語・空蝉より~」 光源氏を現代に移すとこんなに無理がある、という話(?) いつものことながらマクラに爆笑。 この人は、客との“共感ポイント"を見つけ出すのが 実にうまいで...
no_category

「シェルター 終末の殺人」三津田信三・著|これはミステリか、否か?

核シェルターの中の6人が一人また一人と死んでいく というプロットに惹かれて手に取ってみた。 この作品をミステリにカテゴライズすることに 異論を唱える方も少なくないと思われる。 ミステリの定義を 「謎は最終的に論理的に解明されなければならない...
no_category

「神様手塚を読む」

各界のそうそうたる著名人が、それぞれ思い入れのある1作品 (人によっては複数作品)を中心に 手塚治虫論を展開している。 大林宣彦と中島梓が 「手塚作品は性的である」 という意見で期せずして一致。 大林監督に至っては「屹立した」とまで。 性的...
no_category

「探偵綺譚~石黒正数短編集」 石黒正数

ミステリマンガと思ったら、それらしいのは最初の1編だけ。 しかし声を出して笑った。 小ネタ面白い! そうか、このコンビは 「それでも町は廻っている」 というマンガでも活躍するのか。 これは読まねば。 それにしてもamazonレビューの評価が...
no_category

マンガ「入神」竹本健治・著

小説家が(おそらく)趣味として描いたマンガなのだから、とやかく言うのはヤボだけど。 小説のイメージから、ものすごく描き込んであるのでは、と想像していたが、案外あっさりしていた。 画風は一昔前のラブコメみたいな感じか。 主人公のライバルってた...
no_category

「人気づくりの法則」 相沢秀禎

著者は芸能事務所サンミュージックの社長(執筆当時)。 松田聖子のエピソード。 オーディションでは落とす予定だったのが、一人の女性スタッフが強力にプッシュするので残したという。 都はるみのエピソード。 著者がまだマネージャー業の頃、当時、別の...
no_category

「手塚治虫『戦争漫画』傑作選〈2〉」決して忘れぬように。

「ブラックジャック」や「ミッドナイト」からも、エピソードが収録されている。 いくら内容に関連性ありとはいえ 「ブラックジャック」が戦争漫画にカテゴライズ? ちょっと違和感があるなあ。 人が銃殺されるシーンなどは、かなりグロテスクな描写がして...
タイトルとURLをコピーしました