2010

no_category

2010年 私的ランキング 映画部門|1位「ハートキャッチプリキュア」、2位「SP野望篇」

ついに2010年も大晦日を迎えました。 たくさんの素敵な映画と出会えて、とてもよい年になりましたことを感謝いたします。 では、さっそく個人賞部門から発表です。 (なんかエラそうだな^^;) 2010年作品部門 主演男優賞 松山ケンイチ 『ノ...
no_category

2010年 私的ランキング 書籍部門|1位「君に届け」、2位「のだめカンタービレ」

今年もいよいよ押しつまってまいりました。 残すところ、今日を含めてあと2日。 このへんで、2010年を 振り返ってみようと思います。 まずは書籍部門から。 今年発売された本が少なくてすみません。 いまだにレビューを書いていない本も 結構あり...
no_category

『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』|よかったところと疑問点。

『相棒』は、テレビシリーズも含めて 一度も観たことがありません。 杉下右京(水谷豊)に 「はいぃ!?」と怒られそうですが。(汗) そんな人間が、なぜまた映画『相棒II』を 観ようなんて気を起こしたのかというと、TOHOシネマズの鑑賞ポイント...
no_category

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国|ゼロ、荒ぶる。信頼の円谷ブランド。

圧巻のCG、VFX映像でした。 宇宙空間の描かれ方がとくに素晴らしいです。 暗黒感もしっかり出ていたように思います。 戦闘機の動きも発進・加速・減速・停止が とても無重力していて、映画館にいながら 宇宙遊泳気分を十二分に満喫できました。 そ...
no_category

『くまのがっこう ジャッキーとケイティ』|「かわいい」がたくさん詰まってます。

TOHOシネマズの入り口で、なんとジャッキーのぬいぐるみがお出迎え! 隣にはノベルティ入りのカゴを下げたお姉さん。 これはラッキー! 満面の笑みを浮かべてお姉さんに近寄る私。 必死に目をそらすお姉さん。 「あれ?」と思いながらもますます近寄...
no_category

『チェブラーシカ』|6年の歳月をかけて完成。驚愕のコマ撮り映像。

クリスマスイブにこの映画を紹介できて本当にうれしいです。。。チェブラーシカの動きがめちゃめちゃ可愛い!そして声担当の大橋のぞみが超絶に上手い!いや、驚きましたね。出てくる人形たちも、髪の毛一本一本まで心をこめて作られたことが画面を通して伝わってきました。
no_category

『ノルウェイの森』(2010・日本) |"映像化不可能"の定説をくつがえした記念碑的作品

結論からいうと、私は大絶賛します。 映像化絶対不可能といわれていた小説を よくぞここまで表現しきりました。 トラン・アン・ユン監督に、どっぷりと深い森の中へ導かれました。 限られた尺の中で、これほどの仕事を 成し遂げた監督の手腕を褒め称えた...
no_category

映画『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』|タイトルながっ!

いくらシネマイレージのポイント特典で、映画が無料で見放題だからって 『仮面ライダー』まで観なくたってよさそうなものですが 『ハートキャッチプリキュア!』のような 大傑作かも知れないし、油断はできません。 本作もなかなかどうして、オモチャ箱を...
no_category

『最後の忠臣蔵』|最初のほうだけちょこっと忠臣蔵

「日本人ならやっぱり忠臣蔵でしょ!」 というわけで行ってきました。 あらすじ。。。寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は 赤穂浪士の討ち入り後、残った者たちの 面倒を見るよう大石内蔵助(片岡仁左衛門)から 頼まれる。16年かけて、全国に散らばっている ...
no_category

『セカンド・ラブ』 乾くるみ・著|「イニシエーション・ラブ」を超える衝撃

あらすじ。。。里谷正明(26)は ハラモク独身寮と工場を往復するだけの 生活を送っていた。 ある日、先輩に誘われ苗場にスキーに 行ったことが縁で、大学院生の 内田春香とつきあうようになる。 二人で銀座を歩いているとき、突然中年の男が春香の腕...
外国映画

『トロン:レガシー』2Dのほうが好い。

バイクのかっこよさがとにかく印象に残っています。 映画館で、本作の予告(2Dデジタル)が流れるたびに興奮していました。 3Dが改良されたらしいということで勇んで観に行ったのですが…徒労感に襲われた2時間でした。 『トロン』...
no_category

『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』|想像を絶するクオリティの高さ

「ハ、ハートキャッチプリキュア、大人一枚ください…」 ついにカウンターで口に出してしまいました。 シネマイレージのポイント特典で、一ヶ月間タダで映画観放題中。 ローラー作戦であらかた観終わり、最後に残ったのがこれ。 館内では幼女とお母さまが...
no_category

『往復書簡』 湊かなえ・著 |"再生の物語"への第一歩

書き下ろしを含む3つの中編からなる一冊。読み始めて十数ページまで進んだところで「もしや大傑作!?」の予感。その予感は8割方的中。手紙のやり取りという形式だと、一人称や三人称で語られる物語とはちがって「あと、書き忘れていましたが」とか「今、思い出したんですけれど」など、今までの話を一気にひっくり返すことが容易にできるという利点があります。それが効果的に使われていて、それまで認識していた局面が一気に反転したり、あらぬ方向へ飛ばされたりすることも1回や2回ではありません。
no_category

『THE LAST MESSAGE 海猿』|愛と誇りを胸に抱いた熱き男たちの活躍

2D版を鑑賞。 結論からいうと、とっても良かったです。 ドラマも映画も観たことがない 私のようなものでも楽しめました。 撮影はとても大変だったんじゃないでしょうか。 台風の中、プラント施設に取り残される話なので もう全編が雨でグジョグジョ、...
no_category

2010年11月の鑑賞メーター|ベスト1位は『ローマの休日』。ワースト1位は…

現在、シネマイレージのポイント特典により 1ヶ月間無料で映画を見放題状態です。 ローラー作戦で片っ端から観ていますが、さすがに「ハートキャッチプリキュア!」は 回避せざるをえないかと。 いや、観てみたいんですけどね、カウンターでタイトルを口...
タイトルとURLをコピーしました