2009

no_category

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海

太ももである。 表紙の可愛い女子高生の太ももを見て 最初は「絶対に買うもんか」と思った。 アイドルのカレンダーなどで、ワキの下をさらけ出しているショットがあるかないかで 売り上げが1割違うという話を聞いたことがある。 う~ん、うなづけなくも...
no_category

2009年の年間読書メーター

えーと、年明けにはまだ日にちがありますが たぶんこれが今年最後の更新でしょう。 本年もいろいろとお世話になりました。 来年もよろしくごひいきのほどをお願い申し上げます。 それでは今年読んで面白かった本10冊です。(順不同) 「赤めだか」 立...
no_category

「御乱心―落語協会分裂と、円生とその弟子たち」 三遊亭円丈・著

これを読む限り、円楽どれだけ腹黒いんだよと。 そして柳家小さんは何て器がデカイのか。 さすが人間国宝(?) 師匠と弟子の愛憎相まみえる関係。 こればかりは他人には推し量ることができない。 よくぞここまで書いてくれた。 ところで小学生の頃、漢...
no_category

「今おもしろい落語家ベスト50」 文春MOOK

今、一番のお気に入りである柳家喬太郎が ベタ褒めされているので嬉しい。 ベスト50の中で、ナマの高座を観たことがあるのは 柳家喬太郎 柳亭市馬 の二人だけである。 (ついこの間、秋田市に二人会で来てくれた) なんせ、寄席には2回しか行ったこ...
no_category

「落語家論」 柳家小三治・著|鼻濁音についての興味深い考察。

小三治が4、50代の時、若き噺家達に向けて書いたエッセイ集。 時には非常に厳しいこともいうけれども、基本的には下品で粋でぶっきらぼうでやけくそで痛快である。 濁音と鼻濁音についての考察は興味深い。 超売れっ子の歌手たちをボロカスにやっつけて...
no_category

「告白」 湊かなえ・著|圧倒的な筆力。

今日で辞めるという中学校の女教師が 最後のホームルームでとんでもないことを語り始める…。 いやあ、面白い。一気に読んでしまった。 これがデビュー作とは恐れ入る。 内容に較べ、タイトルの凡庸さで損している感がなきにしにもあらずだが、もう十分に...
no_category

「スーパースター 爆笑スター誕生計画」 出演: モリー・シャノン, ウィル・フェレル

これは掘り出し物を発見。 あまりイケてない女の子が、高校内で行われるコンテストで優勝を目指すという内容。 爆笑と銘打たれているが、これは切ない系っすよ。切ない系バカ映画。 主人公の女の子はダサいファッション、ヘアスタイル、眼鏡に身を包んでい...
no_category

「タラデガ・ナイト オーバルの狼」 主演 ウィル・フェレル

ウィル・フェレル主演の映画は無条件で観ることにしている。 これは当たりの部類。 よく日本の配給会社がタイトルを 「俺たちカーレーサー」にしなかったものだ。 いつもと多少違うと感じたのはウィル・フェレルが突出したバカ (これはホメ言葉ですので...
no_category

「談志狂時代」 立川談幸・著

「談志狂時代」立川談幸・著 談志をして「完璧な内弟子」と言わしめた人。 今月中旬、上野広小路亭で談幸師匠の「死神」を聴いた。 (寄席初体験! 実に面白かった) 帰宅後いろいろ検索して、この本の存在を知ったという次第 内容はひとことでいえば熱...
no_category

「数学的にありえない(下)」 アダム・ファウアー (著), 矢口誠 (翻訳)

読後感想…いや、さすがにここまでくるとつっこまずにはいられませんな。 画像の下からネタバレです 以下、ネタバレです! 主人公は数学の天才でどんな計算も一瞬のうちに答えが分かる …わりにはポーカーがそれほど強くない。 別に世界大会が舞台なわけ...
no_category

「数学的にありえない(上)」 アダム・ファウラー・著 矢口誠・訳

「児玉清氏、絶賛!『かつてない超のつく面白さに僕は悶絶した』」 (オビより) なぜ彼らは未来を予知できるのか、という最大のナゾは明かされぬまま、物語は息もつかせぬ展開を見せ、ページを繰る手が止まらない。 タイトルからギャンブルものだろうと予...
no_category

2009年9月の読書メーター

2009年9月の読書記録を振り返っての感想。。。 何と言っても村上春樹ですな。 今回ほどスイスイ読み進めることが出来た作品は 過去になかったんじゃないかというくらい読みやすかったです。 その余波で「海辺のカフカ」を買ったところまではいいんで...
no_category

『ロンゲスト・ヤード(2005)』(主演 : アダム・サンドラー) 1974版オリジナルがお薦め。

※ 上の写真は映画の中のワンシーンではありません. バート・レイノルズが渋い! アダム・サンドラー + アメフト では 「ウォーターボーイ」という、非常に好きな作品があるので 本作も期待をして観始めたのだが… いかんせんオリジナルが超名作な...
no_category

天国から来たチャンピオン (監督・脚本・主演 : ウォーレン・ベイティ)

恥ずかしながらこの映画、まだ観たことがなかった。 いやあ、こんないいものを今まで知らなかったとは 何てもったいないことを! 遅ればせながら出会いが叶って本当によかった。 で、見終わっての感想だが… 我々はいつか必ず死ぬんだなあということ。 ...
no_category

俺たちステップブラザース (出演 : ウィル・フェレル、 ジョン・C・ライリー)

DMMレンタルで片っ端からウィル・フェレル出演作品を借りているので、この映画に関する前情報はほとんどなし。 なので、ジョン・C・ライリーがスクリーン… いや、ブラウン管に映ったときは心底驚いた。 だってあのジョン・C・ライリーですよ。 「ラ...
タイトルとURLをコピーしました